軽自動車に関する手続きなど

ディーラー下取り価格との差に驚き!

今すぐ試してみてください。
これが買取0円と言われた車でも現金化できた方法です!


無料で簡単超スピード査定

軽自動車に関する手続きなど記事一覧

軽自動車を名義変更する場合に、軽自動車税についての還付(返金)はどうなるのでしょうか?普通自動車の場合と軽自動車の場合は、税制度が若干違います。軽自動車の場合は、名義変更の手続きを行っても、軽自動車税の還付を受けることはできません。もちろん廃車を行ってもこれと同様であり、そもそも、軽自動車において自動車税の還付はありません。軽自動車税における納税のしくみ軽自動車税における納税の方法というのは、4月...

軽自動車を4月2日から翌年の3月31日の間に購入、もしくは名義変更して譲り受けることがあった場合、その場合の納税はどうなるのでしょうか?ここは初めて自動車の購入をされる方は知らないところかもしれません。4月2日から翌年の3月31日までの間での自動車登録、その登録時における自動車税の納税はどうなるのか?という問題です。軽自動車税は4月1日現在で軽自動車等を所有している人に課せられるタイトル通りの回答...

自動車税を払ってない軽自動車を廃車にしたい・・そう思う場合もあるかもしれませんが、そのようなことは実際にできるのでしょうか?結論からいえば、それはできます。自分が所有している軽自動車は、仮に自動車税を払っていなくても、これを廃車にすることができるのです。納税と抹消登録の管轄は違う軽自動車の廃車と自動車税における納税を管轄する場所は、まったくの別物になります。廃車(抹消登録)を管轄するのは陸運局や軽...

一時使用中止となっている軽自動車について、これを新規登録するためには、中古新規検査を受ける必要があります。そしてその中古新規検査の際には、軽自動車検査証返納確認書が必要になります。今まさにそれを提出する予定のある方もいらっしゃると思いますが、この軽自動車検査証返納確認書の書き方はどのようなものでしょうか?軽自動車検査証返納確認書の書き方の記入欄軽自動車検査証返納確認書の記入欄には次のようなものがあ...

軽自動車の自動車検査証返納証明書といえば、これまでは、「自動車検査証返納証明書」と「軽自動車検査証返納確認書」の合併様式一枚で交付されてきました。ところが平成24年6月4日より、様式が変更されることになりました。証明書と確認書がそれぞれ別交付となりました様式変更の中心は、自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書が、それぞれ別交付になるというものです。・自動車検査証返納証明書は・・<軽自動車...

自分が乗ってる軽自動車の所有権者が・・自分ではない。むしろその軽自動車を買った車屋にある。そしてその状態の軽自動車を、なんとか廃車にしたい。このような場合はどうなるのでしょうか?軽自動車の所有権者が車屋の場合、それを廃車にすることは可能でしょうか?またどのような方法で廃車にできるでしょうか?所有権を解除してからでなければ廃車にできない自分が乗ってる軽自動車の所有権が車屋にある場合、それを廃車にしよ...

軽自動車の解体返納って・・どうやるの?事情があってこれから初めて解体返納されるという方もいらっしゃるかもしれません。軽自動車の解体返納とは、その軽自動車についてもう二度と乗ることができないようにするための手続きのことです。いわゆる登録抹消のことですが、普通自動車でいうところの永久抹消登録にあたります。軽自動車の解体返納はいつ、どこで?軽自動車の解体返納を行う場合、それを管轄の軽自動車検査協会で行い...

軽自動車の永久抹消登録(15条抹消)とは別に、軽自動車の16条抹消手続きというものもあります。これは15条の永久抹消登録に対して、自動車の一時抹消登録になります。つまり、登録している軽自動車について、使用を一時的に中止とする措置のことです。軽自動車の16条抹消手続きを行うためには、必要な書類を用意して、いくつかの注意点に気を付けなければなりません。軽自動車の16条抹消手続きに必要な書類』軽自動車の...

軽自動車をディーラーに下取りに出すということがあります。その際に、ただ漠然と全てを相手にお任せして委ねる人もいますが、いくつかの注意点を考慮しておくだけで、アドバンテージをもって下取り交渉にのぞむことができるようになります。交渉はあせらず即決しないことディーラーとの下取り交渉において、相手からもっともらしい価格を提示されることがあっても、絶対に即決しないことが大切です。あせらず、その場は「ちょっと...

所有する自動車を永久抹消登録する場合ですが、普通自動車で自賠責保険の返金があるのと同じように、軽自動車においても、自賠責保険の返金があります。軽自動車を所有の方で永久抹消登録する予定のある方は、廃車時における軽自動車自賠責保険料払い戻し手続きのポイントを紹介しますので、よくご覧になっておいてください。軽自動車自賠責保険料払い戻しに必要な書類軽自動車自賠責保険料廃車時の払い戻しの申請をする時は、必要...

普通乗用車の一時抹消登録にあたるものとして、軽自動車の場合にも、一時使用中止の登録手続きがあります。この一時使用中止の手続きは普通車の一時抹消登録と同じもので、「軽自動車検査証返納届」とも呼ばれます。ただし、普通車の一時抹消登録手続きが運輸支局で行われるのに対して、軽自動車の一時使用中止手続きは、軽自動車検査協会で行われます。自動車検査証返納届に必要な書類軽自動車の一時使用中止手続きで必要な書類は...

今自分が乗ってる軽自動車の所有者がディーラーになっていたら・・この場合、自由に廃車登録を行うことができるのでしょうか?いいえ、残念ながらそれはできません。所有者がディーラーになってるということは、使用者本人には車の所有権がないということなので、こういう車を勝手に廃車することはできません。所有権のない車を廃車するには自分が使用者だけど自分には所有権が無い。そんな軽自動車を廃車にするには、所有権を解除...

軽自動車を所有のみなさん、軽自動車検査返納届って知ってますか?普通車の世界には“一時抹消登録”という手続きがありますが、軽自動車検査返納届は、その一時抹消登録の軽自動車版です。いろいろな事情から軽自動車をしばらく乗らないの時に、この軽自動車検査返納届を行うことによって、自動車税、重量税、自賠責保険の支払いを停止させることができます。軽自動車検査返納届をするには軽自動車検査返納届をするには必要書類の...

しばらく軽自動車には乗らないだろう・・でも、またいつ乗る必要が出てくるか分からない・・というような状況も起こり得ると思います。例えば、海外出張や長期入院する場合。しばらくの間乗らないのは分かっているけど、でも再び乗る可能性が高いわけです。だから完全に廃車して手放すことはできないと考えます。さて、こういう場合はどうすればいいのでしょうか?軽自動車の一時中止登録再登録の可能性を考えて軽自動車を一時的に...

普通車を買ったから軽自動車はしばらく乗らないことにしよう・・そう決心するのは自由ですが・・しかし乗る乗らないに関わりなく、きちんとした手続きをしなければ、その軽自動車に対する税金の支払いは続きます。もちろん自賠責も支払いは続きますし、重量税の課税も継続されていきます。しばらく乗らないなら軽自動車検査返納届を!軽自動車にしばらく乗らないことが確定しているなら、その期間の税金や保険料支払いがもったいな...

軽自動車を一時使用中止にするためには、必要書類を揃えて提出し、ナンバープレートを返納しなければなりません。所定の手続きと場所がありますので、手続きしたい方は事前によくチェックしておきましょう。軽自動車検査返納届の手続き場所軽自動車の一時使用中止のこと「軽自動車検査返納届」といいますが、軽自動車検査返納届の手続き場所は、軽自動車検査協会です。普通車の一時抹消登録は運輸支局で行いますが、軽自動車の軽自...

軽自動車を廃車にしようとする時には、まず車検証の所有者名を確認しなければなりません。車検証の所有者欄に使用者(本人)以外の会社の名前があるなら、所有権は使用者本人にはありませんので、廃車手続きはできません。逆に所有者欄に会社の名前がないなら、その軽自動車の所有者は使用者本人ということになります。この場合は、廃車手続きを本人が行うことができます。軽自動車の廃車とは軽自動車を廃車するといっても、それは...

軽自動車の廃車手続きには3種類があります。解体返納解体届出自動車検査証返納届けこの3つです。このうち、いったん一時使用中止(自動車検査証返納届)にした車を、完全解体する場合は解体届出を行います。解体届出の手続きは普通車でいえば、一時抹消登録⇒永久抹消登録となります。解体届出に必要な書類とは解体届出の手続きを行うための必要な書類があります。OCRシート軽第4号様式の3(申請書)手数料申請依頼書所有者...

軽自動車を解体するときは、解体返納もしくは解体届出の手続きをする必要があります。その際にナンバープレートはどうなるのか?という疑問が湧くかもしれませんが、軽自動車解体の際のナンバープレートの処理はいたってシンプルなものです。解体におけるナンバープレートの処理軽自動車の解体手続きを行うときは、あらじめナンバープレートを外しておきます。前後2枚のプレートどちらも外しておき、解体手続きを行う際、「ナンバ...

軽自動車を廃車して乗らなくなるから、自賠責保険も合わせて解約したい・・そう思う方もいらっしゃると思いますが、そういう場合の自賠責保険の解約は、連絡一つ入れるだけで済むものではありません。しかるべき手続き、また書類が必要になります。軽自動車の廃車で自賠責保険を解約するとき軽自動車を廃車して、それと同時に自賠責保険も解約したいと思う時、まず車を確実に廃車することと、それを証明するための書類を手にするこ...

普通自動車では永久抹消登録というものがあります。これは車を完全に解体処理する場合の廃車手続きです。一方、軽自動車の世界にもこれと同じ手続きがあります。それが「解体返納」です。解体返納は単に“軽自動車の返納届け”などとも呼ばれますが、普通車の永久抹消登録手続きにあたるもので、軽自動車を完全に廃車してしまいます。解体返納は一時使用中止と違って、二度と再登録することはできません。車両の解体処理後、ただち...

軽自動車の廃車手続きに合わせて自動車保険も解約したいと思われるかもしれません。軽自動車にまつわる自動車保険といえば、自賠責保険と任意保険です。この2つはそれぞれ解約の仕方が異なります。また、車の廃車に合わせて保険を完全解約しないほうがいい場合もあるので、保険解約は慎重に行うようしなければなりません。任意保険を解約する場合軽自動車の廃車に合わせて任意保険を解約する場合は、保険会社に解約したい旨の連絡...

軽自動車を一時使用中止することを「軽自動車検査返納届」といいますが、この軽自動車検査返納届をするには、必要書類を揃えなければなりません。一時使用中止に必要な書類自動車検査証返納証明書交付申請書』(OCRシート第3号様式)所有者の印鑑使用者の印鑑手数料軽自動車税申告書(報告書)申請依頼書申請書・届出書(OCR軽第4号様式 届出書兼申請書)ナンバープレート(前後2枚)自動車検査証これら必要書類を軽自動...

軽自動車の一時使用中止手続きは軽自動車検査協会で行うことができますが、必要書類が揃ってないと手続きは成立しません。手続きを行う際は、あらかじめ必要書類の確認と書類がどうしても揃わない場合の対処法を確認しておきましょう。一時使用中止に必要な書類とは軽自動車検査返納届(一時使用中止)に必要な書類は多岐にわたります。検査証(自動車検査証)ナンバープレートOCR軽第4号様式 届出書兼申請書(申請書・届出書...

軽自動車を一時使用中止にするときは、軽自動車検査協会に行って軽自動車検査返納届を出します。これは車を一定期間使用しできないようにする手続きですが、それには税金や保険の契約も関わってきます。軽自動車に関わる税金・保険といえば、「軽自動車税」「重量税」「自賠責保険」。この3つを考える必要があります。一時使用中止にした場合の軽自動車税軽自動車を一時使用中止にすれば、その登録期間中は軽自動車税を払わなくて...

軽自動車を廃車にして自賠責保険の返戻金を受け取るためには、軽自動車検査証返納確認ができなければなりません。つまり、車を廃車してナンバープレートが返納されたことを保険会社に対して証明するということです。これによって自賠責保険の解約がなされ、契約残り期間に応じて返戻金が受け取れるようになるのです。軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車の廃車を行うには、自動車検査証返納届けを出す必要があります。自動車検査証...

軽自動車で車検を受けるには、運輸支局や軽自動車検査協会の検査場に持ち込むか、もしくは指定整備工場に持ち込んで受けることもできます。いずれにしても車検を受けるときには、手数料が必要になります。この手数料は検査手数料、車検の法定費用とも呼ばれるもので、運輸支局や軽自動車検査協会に支払わなければなりません。検査手数料は新しい車検を交付してもらうためのものなので、必ず支払う必要があります。検査手数料の金額...

この記事が役にたった場合は、シェアしていただけると嬉しいです!
車の売却で悩んでいるご友人様にも、ぜひぜひご紹介ください!
↓↓