永久抹消とOCRシート3号式の2とは?

ディーラー下取り価格との差に驚き!

今すぐ試してみてください。
これが買取0円と言われた車でも現金化できた方法です!


無料で簡単超スピード査定

車売却の体験談を書いたら「最大5000円」の謝礼を差し上げます

あなたの車売却の体験談を募集中です。謝礼5000円アリ。 お仕事の詳しい説明はブログのコチラのページにまとめてあります。

永久抹消とOCRシート3号式の2とは?

自動車の抹消登録には2種類のものがあります。
一つは「永久抹消登録」。
もう一つは「一時抹消登録」です。

 

 

それぞれ手続きを行う場所や手続きの流れは同じですが、申請書についてはそれぞれ異なります。

 

 

OCRシート3号様式の3とOCRシート3号式の2

抹消登録の際に提出申請書はそれぞれ、

 

永久抹消登録の場合が、【OCRシート3号様式の3】
一時抹消登録の場合が、【OCRシート3号式の2】

 

仕様の違う申請書を提出しなければなりません。
 

 

申請書は運輸支局で購入しなければならない

さて、それぞれの申請書の入手方法ですが・・OCRシート3号様式の3も
OCRシート3号式の2も、どちらもインターネットからダウンロードすることは
できません。

 

 

したがって手続きの当日に、運輸支局で購入しなければなりません。
繰り返しになりますが、永久抹消登録の場合はOCRシート3号様式の3を、
一時抹消登録の場合はOCRシート3号式の2を、陸運支局内の用紙販売所
などで購入することができます。

 

 

申請書の記入法

OCRシート3号様式の3もOCRシート3号式の2も、申請書の記入方法が
分からなければ、記入サンプルを見本にすることができます。インターネット上でも
サンプルは公開されていますので、それを参考に正しく記入していくことができます。

 

 

チェック・記入の項目には、
「一時抹消登録」「業務種別」「抹消」「車体番号」「所有者」
「使用者」「運輸支局長殿」「年月日」「使用の本拠の位置」
「登録または届出の原因とその日付」などがあります。

 

この記事が役にたった場合は各種SNSでシェアをお願いします。
あなたのシェアが他の人に役立つことにつながります。
↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 

さらなる高額査定を呼び寄せる方法!

一括査定サイトに複数登録しておくと
さらに業者の間で買取競争が起こるので
高額査定に結びつく可能性がグーンと高まります。


かんたん車査定ガイド

 

自宅にいながら愛車の相場が32秒でわかる!!

・東証一部上場企業の一括見積もりサービス
・一流業者の安心査定、最高査定額もバッチリ!

 かんたん車査定ガイド



ズバット車買取比較

 

愛車を50万円以上高く売るのも夢じゃない!

・利用者の70%が5万円以上の査定額差を体験
・累計100万人以上の利用実績!

                                                       

ズバット車買取比較



さらなる査定額アップを目指す方は、
「かんたん車査定ガイド」と「ズバット車買取比較」
この2つに登録しておくと間違いないですね。

車売却の体験談を書いたら「最大5000円」の謝礼を差し上げます

あなたの車売却の体験談を募集中です。謝礼5000円アリ。 お仕事の詳しい説明はブログのコチラのページにまとめてあります。

買取店によっては50万円以上の差が出ることも!


わずか32秒で最大10社一括査定!
事故車・廃車・他社で買取0円と言われた車もOK。

無料で簡単超スピード査定

永久抹消とOCRシート3号式の2とは?関連ページ

普通車の永久抹消と必要書類
このページでは、普通車の永久抹消とそれに必要な書類を説明しています。
永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせ
このページでは、永久抹消登録と解体届出手続き完了のお知らせについて説明しています。
自動車永久登録抹消申請書記入例
このページでは、自動車永久抹消登録申請書の記入例をご紹介しています。
永久抹消のお知らせ
このページでは、永久抹消のお知らせの書類について説明しています。
永久抹消登録 自動車税申告書は必要?
このページでは、永久抹消登録に自動車税申告書は必要かどうかを説明しています。
永久抹消の申請書と必要な金額
このページでは、永久抹消の申請書と必要な金額をまとめています。
永久抹消登録をしなければ
このページでは、永久抹消登録をしないとどうなるかを説明しています。
永久抹消登録の流れについて
このページでは、永久抹消登録の流れを説明しています。
普通自動車を永久抹消する
このページでは、普通自動車を永久抹消する方法や手続きの流れを説明しています。